title

バスパージェネリックは通販で購入できます!

バスパーの通販

バスパー

バイアグラ

インターネットが普及している中で、バスパーを含めた医薬品も通販で購入することが可能となります。

病院へ行く時間がなかったり、通院が難しい方にもとても便利といえる手段でしょう。

ただし、医薬品を医師から処方してもらうのではなく、自身で購入するにあたって、注意すべき点がいくつかあります。

インターネットを通しての購入はとても便利でお手軽な方法ですが、自己責任での購入となることを忘れずに、知識をもった上で、安心・安全に利用できるようにしましょう。

通販で購入できる医薬品の種類や、その注意点、メリット・デメリットについて理解し、購入するサイトの安全性や信頼性も含め、自身でしっかりと知識をつけておく事が重要だといえます。

バスパーの副作用について

目次

バスパージェネリックが通販で購入可能

バスパーの通販

バスパーのジェネリック医薬品として、「バスパージェネリック」があります。

ジェネリック医薬品とは、簡単にいいますと、新薬と同じ成分・製法で製造された薬のことをいいます。

後発医薬品ともよばれていて、「先発品と同じ治療効果がある」と厚生労働省に認められており、価格もリーズナブルとなっています。

インターネットでは、購入できる医薬品とできない医薬品に分けられますが、「バスパージェネリック」はインターネット通販で購入することができます。

バスパーは日本では未承認薬ですが、個人で使用する場合に限り海外から個人輸入する事ができます。専門のサイトがありますので、そこから一般的な通販サイトと同じように購入できます。

海外医薬品の通販の注意点

海外医薬品の通販

通販で海外医薬品を購入するにあたって、いくつかの注意点があります。

病院やクリニックと違い、自己責任での購入となる為、事前に注意すべき点などの確認が必要となります。

また、不安な点や疑問点などがある場合は、専門の医師に相談した上で購入することをおすすめします。

その中でも、下記のような注意点が挙げられます。

  • ・購入する薬が自分に合っているかどうか(アレルギーや拒否反応がないか)
  • ・利用するサイトが安全で信憑性のあるサイトか
  • ・薬の服用方法や使用方法、注意点などの記載がしっかりとあるか
  • ・薬剤師・登録販売者の記載があるか
  • ・個人情報の管理がしっかりしているか

など、事前に知っておくべきことが沢山ありますので、購入する前にしっかりと確認しておきましょう。

個人輸入とは

バスパージェネリックを含めた海外性のジェネリック医薬品を、インターネット通販の「個人輸入」を通して、日本でも購入することができます。

個人輸入とは、個人(本人)が使用することを目的とし、直接海外の小売店や、販売店、メーカーなどから製品を購入することをいいます。

その個人輸入による通販サイトは、あくまでも「個人」が使用する目的として、直接海外のメーカーから製品を購入する手伝いをする「代行業者」となります。

そのため、薬を服用した際、それに伴う副作用などは自己責任となってくるので、購入の際はあらかじめその薬との相性や副作用などについて十分に知る必要があります。

不安のある場合は、必ず専門の医師に相談した上で利用することをおすすめします。

バスパーを通販で購入するメリット

メリット

インターネットで医薬品が購入できるということは、手軽で便利というイメージがあります。

その中でも、忙しくて病院へ行く時間がない方や、通院が難しい方などにとっては、手軽に欲しい薬が手に入りやすいというメリットがあります。

中には、症状によっては相談しにくいものだったり、言いづらいこともありますので、そういった方にも購入しやすいといえます。

また、通常の価格よりも安く販売されているので、医療費用などの負担も軽減できます。

病院やクリニックの通院代の費用軽減も含め、利用者にとっても非常に助かるものとなります。

そして、代行業者を通しての購入となりますので、海外の言語についても心配する必要がありません。

こういった便利で気軽に購入できるといったイメージから、通販サイトは幅広い年代の方の利用が見られます。

もちろん、デメリットもあることを理解した上で、注意すべき点を守りながら安全に利用できるようにしましょう。

バスパーを通販で購入するデメリット

デメリット

海外医薬品を通販で購入するということは、手軽さもあり便利だというイメージを持つ方も多いですが、その中でもやはりデメリットはあります。

多くの方が不安に思っているのは、「しっかりとした正規品が届くのか」「偽物ではないか」ということです。

ED治療薬にあたっては、約半数が偽造品だった、という大手メーカーの実態調査の報告もあげられています。

バスパーを含めたそのほかの医薬品も、例外とはいえません。

信頼性のある個人輸入サイトでは、しっかりとした正規品を取り扱っていますので、利用する際はそのサイトが信憑性のある安全なサイトなのかを見極めることが重要です。

また、海外からの発送となりますので、商品が手元に届くまでにはある程度の時間がかかってしまいます。

すぐにでも薬を手に入れたい方や、急いでいる方にはデメリットのひとつとなってしまいます。

まとめ

海外医薬品を手軽にインターネットで購入できるということは、私たち利用者にとっても便利で助かるものとなっています。

病気は自分自身と長く付き合っていくものになりますので、服用する薬についての知識や、自分自身との相性をしっかり知った上での購入が必要となります。

インターネットで手軽に購入できるからといって、知識のないまま利用をしてしまうと、大きなトラブルに繋がりかねません。

薬を服用するのは自分自身となり、それに伴う副作用や購入の責任も自己責任となってきます。

個人輸入の通販サイトを安全に利用する際は、メリット・デメリットをしっかりと理解し、知識をもった上で利用するようにしましょう。

icon